TOP / イベント・ニュース / 会社案内 / リンク / お問い合わせ
木の積み木ウッドキュウブキュウブ君グッズオリジナル家具そのほかの商品

掲載記事情報

アカシアキュウブ君が紹介されました!(2006.1.14)

1月11日の高知新聞夕刊に、ヤ・シィパークで販売されている「アカシアキュウブ君」の記事が掲載されました。
「キュウブ君だより」の1月12日の日記にも、アカシアキュウブ君が載っていますのでご覧下さい。

高知朝日
【アカシアの木から生まれた「キュウブ君」】

台風の倒木活用

 一辺約1センチの立方体の木材に、焼き印で描いた目と口の表情が愛らしい。
家具や積み木を製作する「井筒屋」(高知市)が作ったアクセサリー「キュウブ君」。
基本的には製作工程で余った木材を使うが、香美郡夜須町の「道の駅やす」でオリジナル販売されているキュウブ君は、隣接するヤ・シィパークのシンボル、アカシアの木が材料だ。
 アカシアは5年前の開園時、公園に彩りを添えようと約300本植樹。しかし昨年、一昨年の台風の影響で多くが倒れた。「道の駅やす」の職員、露木理恵さんが「倒木を何かの形で生かせないか」と考えていた矢先、「井筒屋」から売り込みのあったキュウブ君が目に留まった。
 アカシアは水分が多いため、加工時の欠けや変形など不安はあった。だが「夜須で育った木を世に出してあげたかった」という露木さんたちの熱意で、製品化にこぎ着けた。
 ヒノキやブナを材料にしたものと合わせ、ストラップやペンダントなど約15種類のキュウブ君が仲良く店頭に並んでいる。